酵素ドリンク|口コミ|ベルタ酵素|痩せて綺麗になる

桑は古くから日本では蚕のえさとしてクワ葉使われていることで有名で、養蚕地では桑の葉をお茶として飲む習慣がありましt.
野生に生えている桑の幹はとても太く、幹を切り落としても、次々と新しい葉が生えてくる生命力のとても強い植物です。

 

中国では漢方薬として桑の根や枝の皮、桑の実が古くから利用されていました。
桑の葉には、利尿、血圧降下、血糖降下作用、解熱、鎮咳などの作用があり、五虎湯(ごことう)、清肺湯(せいはいとう)などの漢方方剤に使われる。

 

 

最近、桑葉には1-デオキシノジリマイシン(1-deoxynojirimycin; DNJ)が含まれていることがわかり、
小腸においてブドウ糖を糖分解酵素のα-グルコシダーゼに結合する事でその活性を阻害し血糖値の上昇が抑制されることがわかりました。
クワを食べている蚕のフンを乾燥させたもの(漢方薬である蚕砂)も同様の効果があると言われています。

 

また、桑葉には高血圧の改善効果や、中性脂肪を下げたり、コレステロール値を下げるなど、
現代の生活習慣の乱れなどからなる、症状の改善が期待されています。
また肝臓や腎臓の機能の改善や腸内環境が整い便秘を改善することができます。

 

クワ葉は健康に対しての高い効果、効能があり、お茶やサプリメントなどで摂取することが多いのですが、
最近ではクワ葉を配合した青汁が販売されており、健康の維持や増進に利用される方が多いです。

 

また最近では、クワ葉が持っているダイエットへの効果が注目を浴びています。

 

桑の果実は桑の実、どどめ、マルベリーと呼ばれ、地方によっては桑酒として果実酒の原料となる。
その果実は甘酸っぱく、美味であり、高い抗酸化作用で知られる色素・アントシアニンをはじめとする、ポリフェノールを多く含有する。旬

 

また、クワの木は枝を回収して、製紙原料として使われたり
クワの木質がかなり硬く、磨くと深い黄色を呈して美しいので、工芸用に使われ、古くから弦楽器の材料として珍重されました。