酵素ドリンク|口コミ|ベルタ酵素|痩せて綺麗になる

活性酸素とは普通の酸素に比べて酸化作用が強い酸素のことをいいます。
活性酸素は、体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するため白血球から放出され、殺菌・消毒の役割をしますが、
反対に細胞膜にアタックして細胞を老化させる、体に悪影響を与えるという功罪両方の面を持っもています。

 

私たちは酸素を吸って、エネルギーを燃焼させているわけでは必須です。

 

呼吸によって体内に取り込まれた酸素は赤血球によって細胞へ運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生さるのに使用されますが、
その際に消費された酸素の約2%は活性酸素となって残ります。

 

この活性酸素が血液の中を流れて、血管や臓器の細胞をアタックします。
人間は約60兆の細胞でできtげいますが、細胞の外側の細胞膜は不飽和脂肪酸という油分で作られています。
この不飽和脂肪酸が活性酸素と結びつくことで酸化して過酸化脂質となり細胞が老化します。
鉄が酸化してさびるのと同様、活性酸素の影響によって体内でも酸化が生じ、体がさびるという結果になります。

 

活性酸素を誘発するその他の原因として下記が上げられています。

 

○紫外線
○喫煙
○油の多い食事
○コレステロール
○激しい運動
○運動不足
○ウイルス
○大気汚染

 

近年、血液中の活性酸素を水素が中和してくれるので健康に良いということで、水素水が注目を浴びていますが、
これには、水素水を飲んでそうなるという確かな化学的な解明はなされていないと言われています。