酵素ドリンク|口コミ|ベルタ酵素|痩せて綺麗になる

クエン酸酸回路は人体のエネルギー生成工程に付けられた名称です。

 

エネルギー生成の工程は下図のようにクエン酸から始まってクエン酸で終わる工程でです。
その工程の頭と終わりがクエン酸となっていて、重要な役割を果たしていることから、
クエン酸回路と名付けられました。

 

クエン酸はレモンや梅干しの酸味のもとで、広く果汁ドリンクや調味料として使われています。
クエン酸は人体のエネルギーの生成に大きく関わっています。
私たちが食べた食物は胃や腸で消化吸収されたあと、体のあらゆる部位に運ばれて活動するエネルギーに変換されますが、
クエン酸回路と呼ばれる工程でエネルギーが発生し、炭酸ガスと水が副産物として派生します。
炭酸ガスは呼気で、水は尿として排出されます。

 

このようにクエン酸は人体のエネルギー生成に深く関わっていて、クエン酸が不足すると、
クエン酸回路の活性が失われて、代謝が落ちてきて、様々な不純物が人体に貯まり、肥満等の原因になります。
クエン酸回路を活発に働かせるためには、クエン酸を十分に補充することが求められます。

 

私たちが元気に活発に過ごすには、クエン酸回路を活性化する必要があります。

 

クエン酸を十分に補うと、疲労の原因となる乳酸の生成を抑制する作用され、
心身の疲労、肩こりや筋肉痛、肝臓病などの予防・改善に有効とされています。
また脳の神経疲労を和らげ、認知症を予防するともいわれています。

 

クエン酸を多く含む食材としては、柑橘類(みかん、温州みかん、夏みかん)をはじめとして、桃、梅、パイナップル、イチゴ、メロン、西洋梨、キウィフルーツなどの果実があります。