酵素ドリンク|口コミ|ベルタ酵素|痩せて綺麗になる

肥満とは体格指数(BMI指数)が25以上の状態のことを肥満と定義しています。

 

肥満の要因は、大きく2つ。
●食べすぎ(エネルギーのとりすぎ)
●運動不足、

 

日本人の場合、ここ10年ほど、平均のエネルギー摂取量はほとんど横ばい状態です。
それなのに肥満の人は増えています。ですから、運動不足の影響が大きいと考えられています。
肥満対策というと減量ということになり、運動よりも食事制限が重視されがちですが、肥満の予防や解消には、運動が効果的です。

 

いったんからだについてしまった体脂肪を、運動だけで減らすのはかなり難しいです。
たとえば、体脂肪1kg(7000kcal分)を減らすには、ウォーキング(1時間に約200kcalを消費)を35時間も続けなければならないからです。

 

減量や肥満予防に運動がすすめられるのは、運動そのものによるエネルギー消費に加えて、筋肉がつき、基礎代謝量が増え、
体脂肪を燃えやすくする、という理由があるんです。

 

脂肪を燃やすには有酸素運動、筋肉をつけるには筋力トレーニングをするのがおすすめです。

 

どんな運動をしたらよいかということになりますが、どんな種類の運動でも、どんな短時間でも、やらないよりはやった方がいいです。

 

より効果的にやりたいというのなら、次の2種類の運動を行いましょう。
どちらも無理せず、まずは今の体力を維持すればいいぐらいのつもり で、ゆっくり始めるといいです。

 

●体脂肪を効果的に燃やす有酸素運動(エアロビクス)
 脂肪は燃えるときにたくさんの酸素を必要とするので、酸素をたっぷりとりこむことのできる有酸素運動が最適です。
 息を切らさずに長く続けられるウォーキング、軽いジョギング、サイクリング、ゆっくり泳ぐ水泳などが、有酸素運動です。

 

● 体脂肪が燃えやすいからだを作る筋力トレーニング
 基礎代謝を高めるためには筋肉を増やすことが効果的です。 そのためには筋肉トレーニングが必要です。
 たとえばスクワットや腕立てふせ、ヒップエクステンションのような運動や、ジムなどの機械類で鍛える運動、
 軽いおもりを反復してもち上げるような運動があります。