ベルタ酵素|きれいに痩せる|効果|口コミ

消化酵素とは

消化酵素は食物を消化吸収して生命活動のエネルギーの元に変換する酵素で、3種類に分類されます。
消化酵素は消化後、栄養素と一緒に血液中に吸収され、腎臓で尿として分離されます。

 

◎炭水化物分解酵素
 でんぷん等の炭水化物を分解する酵素で、アミラーゼ(別名ジアスターゼ)などがあります。

 

 アミラーゼは唾液、脾液、腸液から分泌されます。
 ご飯をよく噛むと甘くなるのは、唾液腺から分泌された唾液中のジアスターゼで澱粉が分解して糖になるためです。

 

 ジアスターゼには消化不良や胃もたれ、胸やけに効果があり、消化不良を改善、食欲不振改善効果があるので胃腸薬の多く用いられています。
 また、ジアスターゼ大根、山芋、カブの根に多く含まれていることが知られていますが、加熱に弱く酸化しやすいことから調理法には注意を要します。

 

 消化の役目が終わった血中のジアスターゼは腎臓で濾過されて尿になり排泄されます。

 

◎タンパク質分解酵素
  タンパク質を分解する酵素。ペプシン、トリプシン、アミノペプチダ−ゼ などがあります。
  胃液、膵液、腸液に含まれています。

 

  タンパク質分子の内部のペプチド結合を加水分解して、タンパク質や高分子ペプチドを低分子のペプチドに分解します。
  生理的役割として、栄養吸収、タンパク質の廃棄とリサイクル、生体防御、活性の調節、などの幅広い分野で働いています。

 

◎脂質分解酵素
  脂質を分解する酵素。膵リパーゼ(ステアプシン)などがあります。
  膵液に含まれています。

 

また、胆汁などは消化酵素が含まれていませんが、酵素の働きをよくします。