酵素ドリンク|ベルタ酵素|通販|きれいに痩せる|口コミ

ビタミンB群の一つに数えられ、別名ビタミンM、ビタミンBgとも呼ばれる水溶性ビタミンの一種です。
1941年にホウレンソウの葉から発見されたことで「葉酸」と名付けられています。

 

他のビタミンと同様、人の身体の調子を整えるうえで非常に重要な栄養素の一つですが、一日に必要な摂取量はごく微量です。葉酸を多く含む食品は鶏や牛のレバー、枝豆やモロヘイヤパセリなどが代表的です。
調理や長期保存によって壊れることから新鮮な生野菜や果物を食べることで摂取することが望ましいとされます。また多量の飲酒は葉酸の吸収を妨げますので気を付けましょう。

 

葉酸は、遺伝物質であるDNAやRNAを構成する核酸の合成に不可欠なため、細胞の新生に欠くことのできない物質で、特に胎児の正常な発育に欠かせません。
通常は普段の食事をとっていれば十分な量が摂取されると考えられていますが、妊娠中の方、授乳中の方は積極的な摂取が必要です。
胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期において葉酸が欠乏する場合には神経障害が起こりやすくなると言われています。
また、皮膚や粘膜の強化にも重要な役割を果たしますので、葉酸が結合した場合には口内炎や食欲不振、疲労といった症状が現れるとされています。

 

男性にとっても葉酸は大事な物質で、精子が生まれる過程に影響します。
健康的な男性の精子においても1〜4%ほどの染色体異数性(染色体異常)、いわゆる奇形の精子が存在すると言われています。
研究チームは染色体異常がある精子の数と、葉酸の摂取量の関係性について調査を行いました。
その研究結果、葉酸摂取量が多い方が、精子の染色体異常が少なくなるという事が分かりました。