ペプシン,酵素ダイエット|ベルタ酵素|通販|口コミ|きれい|痩せる

ペプシンはタンパク質を分解する消化酵素プロテアーゼの一種です。

 

この成分は人間などの脊椎動物の胃液中に含まれているもので、前駆体ペプシノーゲンとして分泌されると言う特徴が有ります。

 

また、塩酸や既存のペプシンにより、ペプシンに変わってタンパク質を分解してくれるのです。

 

また、この成分はpH2の強酸性成分の中でも活性を促す酵素であり、食事をする事で胃の中に食べ物が入ると分泌される胃酸と合わさり、タンパク質をペプトンと呼ばれる物質に変化させるのです。

 

タンパク質と言うのは、20種類のアミノ酸が結合して出来ているものです。

 

人が生きて行く中でタンパク質は様々な働きを持つ分子でもあり、人はタンパク質を得るために日々食事をしてタンパク質を吸収していきます。
ですが、動物性のタンパク質と言うのは、人のタンパク質とは構造や役割が異なりますので、そのままでは利用する事が出来ないのです。

 

体内に吸収されたタンパク質は、アミノ酸という最小単位まで分解が行われ、再結合を行って体に必要とされるタンパク質が作り出されているのです。
そして、ペプシンと言うのは、タンパク質を分解して、アミノ酸を作り出す上では欠かせない成分でもあるのです。